ホーム > 注目 > 散骨をするメリットやデメリット

散骨をするメリットやデメリット

遺骨の保管方法として、さまざまなことは考えられますが、その一つに散骨するということが挙げられます。散骨には様々なメリットがありますが、その一つにお金がかからないということが挙げられます。散骨をすること自体には粉骨費用がかかることにもなりますが、それらを合計したとしても、お墓を建てるための費用の10分の1ほどにしかなりません。例えば粉骨だけを専門業者に依頼し、散骨を自分で行った場合には、粉骨代と交通費程度しかかからないので、数万円しかかかることがありません。さらには維持費もかかることがないでしょう。お寺との付き合いもなく、霊園に管理料を支払うこともありません。一周忌や様々な法事に関しては、食事会が行われることが多く、親戚が集まりアットホームな雰囲気で行われることがほとんどです。食事も会費制で行われることがほとんどで、出欠確認を取るなどの負担もほとんどありません。また居住地を自由に選ぶことができるのもメリットとなります。お墓を引き継いでしまうと、お墓のある場所から移住することが難しくなりますが、このような地理的な制限も受けることもありません。お寺や霊園に関しても、このようなところにお世話になるわけでもないので、これらが破産しても問題はないでしょう。万が一お寺や霊園などが破産した場合には、預けてある遺骨を引き取ってほしいといわれることがほとんどです。散骨の場合には、このような問題も永久的におこることはないでしょう。
反対にデメリットとしてあげられることは、お墓参りや献花をすることができないということです。故人に対し焼香などを必要とする人もいるかもしれませんが、このような場合には、散骨は向いているとは言えません。実際に散骨をした人は、海を選んだ場合には海全部がお墓にあたり、山を選んだ場合には山の全部がお墓だと思っています。また遺骨を後世に残すことができません。粉末状に粉砕し散骨することになるので、いったんまいてしまえば回収も不可能となります。

関連記事

  1. マッサージ|エステサロンでやってもらうフェイシャルエステという施術は...。

    キャビテーションを施すことにより、セルライトを分解及び排出することができるとされ...

  2. 芝刈り機にはどういった種類があるのか

    芝刈り機は芝の手入れをするために用いるもので、芝の特徴として頻度よく刈り込むと...

  3. 散骨をするメリットやデメリット

    遺骨の保管方法として、さまざまなことは考えられますが、その一つに散骨するという...

  4. リレーアタックの防止に役立つケースや道具

    これまでの自動車のように手動でボタンを押したりキーを挿入せず、リモコンを手にし...